精密歯科診療・治療

マイクロスコープを使用した精密歯科治療

マイクロスコープ精密治療

精密歯科治療イメージ
精密歯科治療イメージ

現在の歯科医療に対して、患者様が望むこと、それは的確な診断と最良の治療。そして、それに至るまでの十分なインフォームドコンセントです。この期待に応えるために効果的なアイテム、それがマイクロスコープです。

~新たな視界、新たな治療、新たな世界・・・~
お口の中にある歯は、大人の永久歯でも指先ほどのとても小さなものです。肉眼だけで診る治療では、虫歯の部分を取り残したり、歯を余計に削ってしまったり、神経の治療が不十分になるなどのリスクが発生する事もあります。

歯科用マイクロスコープ(顕微鏡)は、ただの拡大鏡ではありません。今まで見ることが出来なかったものまで見ることが出来るようになります。つまり、今まで出来なかった治療を行う事が出来ると言う事です。

例えば、今までは虫歯治療と言うと、ただ単に「削って詰める」というイメージのあったハズです。ところが、マイクロスコープ(顕微鏡)を使用する事により、患部をより見極め、治療時の痛みを抑え、虫歯の部分のみ必要最小限だけ取り去り、再発を防止する精度の高い治療が可能になってきたのです。

マイクロスコープとは

マイクロスコープとは、対象物を高倍率に拡大できる顕微鏡の事です。マイクロスコープによる精密歯科治療によって、できる限り自分の歯を残して保存するという治療が可能になりました。

重度のむし歯の治療では、神経を切除して歯の根の部分を治療します。この治療の精度が悪いとむし歯が再発し、やがて抜歯しなくてはいけなくなります。

マイクロスコープを用いる事で、歯の根の治療精度は飛躍的にアップし、再発の可能性も非常に小さくなる為に、将来の抜歯のリスクも小さくなるのです。

精密治療が生み出す治療の特徴

マイクロスコープを使用した精密治療の最大の特徴は、精度の高さと低侵襲性

マイクロスコープは、歯内療法をはじめとした診療に優位な視覚をもたらしてくれます。レントゲンではわかりにくい虫歯や歯の根の病状も、マイクロスコープにより正確に確認・治療する事ができます。

「削る」の最小限化

虫歯の治療で、虫歯菌に浸食された削るべき個所と健康な歯組織の境界がはっきりします。これにより、不必要な削りを排除でき、健康な歯質を少しでも多くの残す事が可能となります。

「抜く」の最小限化

歯の神経部分の根管治療では、細く暗い組織をマイクロスコープで正確に捉えることができるため、虫歯再発リスクが減り、抜歯を回避しやすくなります。

「精密治療で歯を守りたい」という方へ

PCP丸の内デンタルクリニックでは、歯科マイクロスコープをいち早く導入し、高度で精密な歯科治療を実施しています。 治療の「精度向上」に加え、「見た目の美しさ」、そして良好なお口環境の「長期持続」を可能にします。

マイクロスコープの有無は、高度な技術が必要とされる治療の精度や成功率に大きく影響します。従来の歯科治療では、歯科医師のこれまでの経験や手先の感覚をもとに行われてきた側面が多々ありました。しかし、それでは感染部位を完全に取り除けていなかったり、目視できない隠れた部分の症状を見落としていたのも事実です。

治療を何度も繰り返している歯は劣化が早く、精度の低い治療が歯の寿命を縮めてしまいます。「ただ痛みを取り除けばいい」という表面的な治療ではなく、「長期的に良好な口腔内環境」を考えた精密治療をお選び頂ければ、患者様ご自身の歯及び口腔内の将来環境が大きく変る事になるでしょう。

マイクロスコープを使用した「再発させない治療」、「一度でしっかり治す治療」をご希望の方は、是非当院へご相談下さい。

ルーペ(拡大鏡)

ルーペを使って診断・診療精度を向上

歯科医師・拡大鏡

ルーペ(拡大鏡)は、診療の全てを精密に行なう為に使用するものです。

拡大鏡の使用により、診断の正確さが高まり、より安全な治療方法やアプローチが可能になります。

術野を拡大観察する事、それはこれまで見落としていた所見を発見する可能性を引き出し、 術者には勿論、患者様にも大きなメリットをもたらしてくれます。

 

歯科衛生士も使用

歯を守りたいという希望から、歯を残せる確信へ

歯科衛生士・拡大鏡

歯の治療は細かい作業を必要とする治療です。
1mm以下の世界で繰り広げられるスケーリングやルートプレーニング。スケーラーの挿入角度、力のかけ方、歯肉への侵襲具合など、どんなに細かい動きでも手に取るようにハッキリ見えますので、的確かつ安全に処置を行なう事ができます。

プロとして認められる歯科衛生士の必須条件は、結果を出す事です。
細かいプラークや歯肉縁下の歯石を残さず除去し、「カリエス(虫歯)の予防」「ペリオ(歯周病)の予防と改善」に導く事が求められます。

拡大視野を用いれば、プラークの性質や付き具合、クラックの入り方、カリエスになりかかっているかどうかまで、はっきりと認識できます。当然、知識や情報量が上がり、今までにない新たな気づきや発見も生まれてきます。